2010年06月20日

口蹄疫

宮崎県民の皆様。早く制圧できると良いですね。

口蹄疫』。

徹底とした消毒が必要であることはもちろん、家畜に陽性が出れば一帯の殺処分が必要となります。

宮崎市内の報道によれば、何もしないままでのウイルスの潜伏期間は 6 ヶ月であるといいます。


宮崎市内の報道では妥当な報道がなされてはいます。

県知事の妥当な対応がなされていることも報道されています。

しかし、報道側が選定する有識者のポストは、県内の某大学の某教授ではなく、日頃から研究に携わっているウイルス学者か疫学者にすべきだったと考えます。

なぜなら、口蹄疫ウイルスに詳しくないからです。

posted by 藤次郎 at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

アポトーシス

 natureを愛読して10年になるが、なんだ…。

 スプライトソームはメッセンジャーRNA一次転写物を成熟に導くことで最もよく知られている。この酵素複合体は、染色体端末を維持する酵素の1つの合成にも関わっていることがわかった。(nature 456,837-1008 no.7224)


### 参照 ###
telomerase RNA
posted by 藤次郎 at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

おしらせ

 前回の宣言後より、一年過ぎましたか…(苦笑)。

 しばらく休んでいましたが、いよいよ復帰します。


続きを読む
posted by 藤次郎 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

お知らせ

 閉鎖の予定ではありましたが、閉鎖にあたり、幸せかな様々なファンの皆様から様々なご意見をいただきましたので、もうしばらく続行することになりました。

 ただし、現在管理者は多忙につき、手がつけられない状態となっております。

 これを機会に、リニューアルとまではいきませんが、一部変更等、建て直しに図りたいと考えております。

 今しばらくお休みすることになると思いますが、ご容赦のほどよろしくお願い申し上げます。
posted by 藤次郎 at 13:26| Comment(37) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

お知らせ

 突然ではありますが、ブログの維持が難しいという一身上の都合により、当ブログを閉鎖するに至りました。

 ちょうど 1 年ほどになりますが、末日をもって閉鎖致します。

 短い間でしたが、今まで、ありがとうございました。

posted by seed at 15:49| Comment(14) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

サル駆除問題

 相次ぐサル被害から、各市町村では環境問題対策においての1つの方法として立ち上げている「サル駆除」について、動物保護団体や動物愛護団体が多くの反対意見が寄せられているらしいが、報道されている内容を見る限りでは、動物保護団体や動物愛護団体に関係する人々の反対する理由に大きな疑問を感じる。

続きを読む
posted by seed at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

現在世界で騒がせているのはH5N1型ウイルス

 アジアに大規模な死者を出す新型ウイルスの予言がされたばかりだが、現在世界で猛威を振るっているのは、H5N1型ウイルスである。

続きを読む
posted by seed at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

コアラのウンチペーパー、需要は順調

 コアラのウンチペーパー好評だなんて、瓢箪から駒だと思うかもしれない。しかし、道理で考えれば、ユーカリの匂いがする再生紙なのだから、好評なのは当然といえば当然。

 こんなところに需要あり。思わぬところに転がっているものである。

続きを読む
posted by seed at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

<外来生物法>において2次指定が追加

 兼ねてより問題視されてきた外来種であるが、事態は進行していると言っていい。今回、2次指定されたことによって、計79種類となった。

 日本固有の生態系に影響を与える生物の輸入や飼育を禁止する特定外来生物被害防止法(外来生物法)で、環境省は5日、42種類を規制対象の「特定外来生物」に2次指定する方針を決めた。年内にも閣議で正式決定する。オオクチバス(ブラックバスの一種)など既に37種類が特定外来生物に指定されており、これで計79種類となる。(毎日新聞)

続きを読む
posted by seed at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

ウイルスであれ細菌であれ注意を怠るべからず

 ウイルスと細菌は意外と混同されて考えられがちであるが、ウイルスと細菌は別種のものである。

続きを読む
posted by seed at 14:46| Comment(1) | TrackBack(2) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

シックハウス症候群と対処法

  最近、シックハウス症候群が増えているようである。


続きを読む
posted by seed at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

温暖化更新中…(汗;

 どこまで温暖化が進めば、人類は温暖化対策に踏み切ることが出来るのでしょうね。

 見物です。

続きを読む
posted by seed at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

自然界の成り立ちを知らずに汚染する人が多い

 生物学においての生態系の成り立ちから考えてみれば、外から人が持ちこんで生態系を変えるというのは、生態系を崩すことに繋がるため、良くないことだと一般的には教育され、認識されているが、無知な人々が知らずに汚染して生態系を崩していることが多い。

続きを読む
posted by seed at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

3つの“太陽”持つ惑星がもたらす惑星形成の常識を覆す可能性

 地球から149光年かなたに3つの“太陽”持つ惑星がある。米カリフォルニア工科大学のマチェイ・コナッキ研究員が米ハワイ島のケック望遠鏡で「HD188753」と呼ばれる恒星系を観測したところ、3個の“太陽”を持つ珍しい惑星を発見し、英科学誌ネイチャーに発表した。

続きを読む
posted by seed at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

「老化に活性酸素関与せず」って、おい

 老化の有力な原因の一つとされてきた「活性酸素」が、実は老化に関与していなかったらしい。

 細胞内小器官「ミトコンドリア」にあるDNAの損傷蓄積が老化の一因となるメカニズムを解明されたデータが無性に見たい(T^T)

続きを読む
posted by seed at 21:57| Comment(0) | TrackBack(1) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

常識覆す新種惑星とは、そそられます(苦笑)

 すばる望遠鏡では2005年6月30日日付の発表のもので報道では7月3日に発表された、超巨大な固体コアを持つ新種惑星「HD149026b」は、これまでの常識を覆す新種惑星であるという。

 実際に、すばる望遠鏡のサイトで詳細を読んだ時は、報道で得た想像以上に、実に感動物で、2時間ほど熟読(苦笑)。

 学説を追っている場合、養老博士がご用達言語であるバカ壁なるものができやすいものなのであるが、「バカ壁崩壊・常識覆す新たな真実発見」…なんて、実にいいねぇ…こういうの。そそられます(^-^)

続きを読む
posted by seed at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

一般化には難しい天然ガス自動車の導入などによるCO2削減効果

 先日の補足として下記に示す。

 佐川急便株式会社では天然ガス自動車の導入などによるCO2削減効果で2.5%のCO2削減を達成しているが、これは、運輸業界で、2年間に−2.5%という成果が得られたことは、大きな成果だと思う。

 しかし、地球資源量を考えてみれば、天然ガスは原油に対するΔ1/6であるので、ごく少量である。資源量が少なすぎるため、市場上に乗せて主力で天然ガスを普及させるというプランの場合には無理がある、と言える。また、需要が資源量より大きくなった場合、地球資源が枯れてしまうため、多大な損害が出る可能性もある。したがって、CO2削減プロジェクトの第二、第三の新しいプランを立てる必要性があると思われる。

posted by seed at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

天然ガス自動車の導入などによるCO2削減効果

 電力部門においては、天然発電を促進するグリーン基金を筆頭に、社内において発生する炭素排出量を削減するように努力しているが、この度、佐川急便株式会社がWWFの「クライメート・セイバーズ・プログラム」の参加で(天然ガス自動車の導入などによるCO2削減効果で)2年間で2.5%のCO2削減を達成したらしい。

続きを読む
posted by seed at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

グアテマラで見つかったウイルスの名前は何?...(^-^;A

 マニアックだなと我ながら思いつつ――私も好きですねぇ…...(苦笑)

 H5N2型ウイルスはグアテマラで見つかったウイルスに近いというが、正式名がわからないので、ウイルスの特徴を調べたくても、調べようがない…(汗;

続きを読む
posted by seed at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

民族の歴史を知るには民族音楽を聞くと見えてくる

 NHKの新シルクロードや世界遺産を見て、民族の歴史を知るには民族音楽を聞くと全貌が見えてくることに気付く。

 ヒトは(自分も含め)それまでの経験値からの先入観や固定観念で物事を見がちである。しかし、音楽は先入観や固定観念に囚われることなく、素直にありのままを見る事が出来る。また、音楽は国境も境界線も無く、他者と心を通わせる事が出来る。

 音楽家が「音楽は世界共通だ」とよく口にするのは、経験値から得たもの(彼らが演奏を行う中で体験したもの)を根拠にしているので、よくそのように言うのである。
続きを読む
posted by seed at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。