2010年09月14日

細胞:老化が腫瘍を阻止する

最近の研究で、細胞老化、つまり細胞周期の負荷逆的な停止が、 in vitro での腫瘍増殖を停止させることが示唆されています。

今回 H-K Lin たちは、老化を引き起こす、これまで知られていなかった経路で、既知の老化メディエーターのほとんどが関与していないものを明らかにしました。

シグナルは、転写因子 Atf6 、およびサイクリン依存性キナーゼ阻害因子である p27 と p21 を介して伝えられます。

この経路は、発がん性シグナル伝達が起こっている場合に、がん原遺伝子 Skp2 の不活性化によって明らかになります。

薬理学的に Skp2 複合体を標的とすると、細胞老化が誘導されて腫瘍形成が制御されるので、そのような薬剤は抗がん剤として有効かもしれません。


### database ###
nature 464,317-456 18 March 2010 Issue no.7287
Article p.374 / Skp2 targeting suppresses tumorigenesis by Arf-p53-independent cellular senescence / H-K Lin et al. (テキサス大学 MD アンダーソンがんセンターおよびスローン・ケタリング記念がんセンター)
News and Views p.363 / Cancer : A lower ber for senescence / Manuel Serrano


細胞の老化は、腫瘍細胞の増殖を阻止するための生理的機構であります。

がん細胞になりそうな細胞の老化を促進することは、この病気を未然に防ぐ方法と成るのかもしれません。


細胞老化は、腫瘍の開始や促進に対抗する重要な役割を持つことが、最近示されています。

がん遺伝子によって、あるいは、がん抑制遺伝子の欠損によって引き起こされる老化は、 p19^Arf-p53 経路の誘導に決定的に依存していると考えられています。

Skp2 E3 ユビキチンリガーゼはがん原遺伝子として機能する場合があり、その異常な過剰発現がヒトがんにおいて高い頻度で観察されます。

本論文では、 Skp2 の不活性化だけでは細胞老化は誘導されませんが、 Skp2 を欠損するマウスや細胞においては、異常ながん原遺伝子シグナルも、がん抑制遺伝子の不活性化も、強力ながん抑制老化応答の引き金となることを示しています。

特に、 Skp2 不活性化および発がん性ストレスによって引き起こされる老化は、 p19-Arf-p53 経路の活性かも、 DNA 損傷も引き起こされません。

しかし、これらの老化は Atf4 、 p.27 、および p21 に依存しています。

本論文ではさらに、遺伝的な Skp2 不活性化によって p19^Arf-p53 応答が低下している発がん状態でさえも細胞老化が引き起こされること、一方、 Skp2-SCF 複合体の阻害物質が、 p53/Pten 欠損細胞における細胞老化、および前臨床研究における腫瘍退縮の引き金となりうることを示しています。

したがって、H-K Lin たちの知見は、 Skp2 の薬理学的な阻害が、がんの予防と治療のための一般的な方法となる可能性の原理証明的な証拠となります。


posted by 藤次郎 at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | frontiers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうは、遺伝子シグナルへ開始された。
だけど、政景で複合された。
Posted by BlogPetの政景 at 2010年09月14日 15:51
それは、きっと、安定するからだよ^^

Posted by 藤次郎 at 2010年09月14日 18:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。