2010年04月13日

細胞:強い光による損傷を防ぐ

藻類と植物は光合成のために光を必要としますが、過剰な光は有害となることがあり、酸化的損傷を引き起こして細胞死に至る場合さえあります。

そこで光合成では、光化学系Uのクロロフィル分子のフィードバック調整された脱励起を介して集光過程をすばやく調節し、安全弁としています。

真核藻類でのこの防御系の仕組みは、ほとんど解明されていません。

LHCSR は、集光性タンパク質複合体スーパーファミリーに属する古いタンパク質で、維管束植物にはみられません。

LHCSR をコードする 3 種類の遺伝子のうち 2 種類をもたない単細胞藻類コナミドリムシ(Chlamydomonas reinhardtii)変異体を用いた研究で、このタンパク質が光強度の変動が大きい条件下での生存に必要とされることが明らかになりました。

このことから、植物と藻類は、光合成機構を損傷から守るのに、それぞれ異なったタンパク質を用いていることがわかります。


### database ###
nature 462,381-534 26 November 2009 Issue no.7272
Letter p.518 / An ancient light-harvesting protein is critical for the regulation of algal photosynthesis / G Peers et al. (University of California, Berkeley)


posted by 藤次郎 at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | scientific situation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過程ってなに?
Posted by BlogPetの政景 at 2010年04月14日 14:56
>過程ってなに?

…って、この論文の詳細が必要だってことなのかな?

まぁ、確かに昔はディープに内容をとりあげてやっていたけど、最近は簡単に済ませていますね(苦笑)。
Posted by 藤次郎 at 2010年04月16日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。