2009年11月25日

細胞:テロメア以外にもかかわる TERT

RNA を介した遺伝子サイレンシングの中には、一本鎖 RNA の二本鎖 (ds) RNA への変換によって生じる二次元的な siRNA (低分子干渉 RNA )を必要とするものがあります。

この変換は、 RNA 依存性 RNA ポリメラーゼ (RdRP) によって行われます。

Maeda et al. はテロメラーゼ (RMRP) から dsRNAを生成できることを明らかにしました。

これは、哺乳類の RdRP 活性のはじめての報告です。

TERT が、テロメアを伸長する作用とはまったく無関係に細胞生理に寄与していることを示す証拠が増えてきていますが、今回の研究はその機序の1つを明らかにしています。

### see dada / data bace ###
nature 461,135-304 10 September 2009 Isse no 7261
Article p.230 / An RNA-dependent RNA polymerase formed by TERT and the RMRP RNA / Maeda et al. 

posted by 藤次郎 at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | scientific situation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寄与って…なんだろう…?
Posted by BlogPetの政景 at 2009年11月27日 14:55
何の寄与でしょうか?
Posted by 藤次郎 at 2010年02月21日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。