2009年02月07日

医学:ALKが神経芽細胞腫を引き起こす

 神経芽細胞腫は、最もよく見られる小児がんである。この疾患は加須気歴と強く関連するため、発症には遺伝的要因が関与する事が30年以上前から予測されていた。今週業では、神経芽細胞腫患者では受容体型チロシンキナーゼALK(anaplastic lymphoma kinase)に異変が変じている事を、4つのグループが報告している。

 ALKは神経芽細胞胞腫の要因遺伝子の役割を果たしており、散発性の神経芽細胞腫では体細胞に点突然変異が生じている。この異変は、in vivo で ALK のキナーゼ活性を促進し、細胞を形質転換させ、腫瘍活性化が見られるようになる。ALK阻害剤は神経芽細胞腫の細胞増殖を抑制するため、抗がん剤となる可能性があるという。

参考文献:
nature Vol 455 | Issue no.7215 | 835-106 | 16 October 2008
Letter p.971 / Oncogenic mutations ALK kinase in neuroblastoma / キュリー研究所およびINSERM(仏) I Janou

神経細胞腫は、抹消の交感神経系から生じる腫瘍で、小児期に最もよく見られる固形腫瘍の1つである。通常は散発性であるが、家族性の症例も観察され、その一部は神経ていの先天奇形を伴って発症し、PHOX2B遺伝子の生殖系列細胞変異と関連する。

本論文では、広範囲にわたる神経芽細胞腫を対象に、全ゲノム規模で比較ゲノムハイブリダイゼーションによる解析を行った。
posted by 藤次郎 at 01:16| Comment(1) | TrackBack(0) | model case | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのう政景が、政景とB遺伝子も解析したいなぁ。
Posted by BlogPetの政景 at 2009年02月07日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。