2010年08月12日

医学:細菌をもって細菌を制す

黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)は健康な人の鼻腔にしばしば存在し、病原性感染がこの無害な初期定着菌群に由来することも多い。

また、常在細菌である表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)も鼻腔内に定着します。

今回、一部の表皮ブドウ球菌が分泌するセリンプロテアーゼ Esp が、黄色ブドウ球菌のバイオフィルム形成を阻害し、またその鼻腔内定着を減少させることが示されました。

このことは、多剤耐性菌株による感染も含めた、黄色ブドウ球菌感染の予防や治療に対する新しい方策を示唆しています。


### database ###
nature 465,261-390 20 May 2010 Issue no.7296
Letter p.346 / Staphylococcus epidermidis Esp inhibits Staphylococcus aureus biofilm formation and nasal colonization / T Iwase et al.(東京慈恵医科大学)

続きを読む
posted by 藤次郎 at 13:46| Comment(2) | TrackBack(0) | frontiers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。